​Living in Tateshina

​むすめのセラ

​ほほえむセラ          女の子座りのセラ

​3才ごろのセラ
​思い出のボン

我が家のヒロイン

セラは<ビアディットコリー>種の

牧羊犬です

2013年にビアディ専門のブリーダーさんから我が家にきてくれた18キロです

セラの前にいた子は同じく

<ビアディットコリー>種の男の子で

ボンと言い、25キロありました

彼の前のご主人が突然亡くなり、当時は葉山に住んでいましたので琵琶湖から葉山までをビアディ協会の人たちのリレーでわが家にやってきてくれました

突然ご主人を亡くしたボンは分離不安症でわが家にやってきました、しかしちょうど亡くなったご主人と智子が同じに見えたらしく

​我が家に来たとたん彼女の膝に飛び込んでいきました

​こうして我が家になじんでくれたボンも、我々が出かけるとなると,自分もつれていけと泣き叫ぶありさまで、留守番などさせようものなら、ありとあらゆるものをかじりたおしてくれ、しまいには玄関の戸ワクを食いちぎるありさまでした